適応する症状

適応疾患・症状

「どのような症状にはりとおきゅうは効きますか?」

と尋ねられると・・・

「どのような症状にも適応します。」

というのが正直な答えです。

tekiou_image3

別に誇張しているのでもいい加減に答えているのでもありません・・・

と云うのも現代医学の病名では病態を捉えないからです。もちろん症状や病名はお伺いします。

しかし具体的には五蔵六府ならびに気の通り道である経絡(けいらく)Finger testで読み出しどこの蔵府や経絡が病気の原因かで判断します。

そして病院の検査で「異常なし」でも見えると見えない両方の身体にまたがる東洋医学の場合どこかの経絡に反応が現れているものです。

しかし現代の病名の方が理解しやすい場合もありWHO(世界保健機構)の鍼灸適応症を下記にピックアップしておきます。

婦人科系疾患:
不妊症逆子/つわり/冷え症/更年期障害/月経不順/のぼせ/生理痛/むくみ/貧血

運動系疾患:
肩こり頚椎症むち打ち症腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア膝の痛み(膝痛)/五十肩/こむら返り/打撲/ねんざ/リウマチ/腱鞘炎/ゴルフ肘/テニス肘

神経・精神系疾患:
顔面神経麻痺頭痛めまい/脳卒中後遺症/各種(三叉、肋間、座骨)神経痛/手足のしびれ/不眠/自律神経の失調症状/うつ傾向/パニック障害など

消化器系疾患:
胃もたれ/食欲不振/胃酸過多/下痢/便秘/痔/口内炎

眼・皮膚科・耳鼻科系疾患:
耳鳴り難聴メニエール病/眼精疲労/仮性近視/ドライアイ/アレルギー性皮膚炎/じんましん/脱毛症/鼻炎/蓄膿症

小児科系疾患:
かんのむし/夜泣き/夜尿症/はきくだし/小児喘息/斜視/アトピー性皮膚炎/虚弱体質

呼吸器系疾患:
咳/風邪/喘息/気管支炎/咽頭炎/微熱が続く

循環器系疾患:
動悸/息切れ/高血圧/低血圧/心臓神経症/不整脈

内分泌・泌尿器系疾患:
バセドウ病/糖尿病/膀胱炎/前立腺肥大症/性機能障害

はりとおきゅうのすすめ

疾病の原因となる邪気を取り去り身体の芯の冷えを温めるはりとおきゅう

使用する鍼は全て使い捨て太さは髪の毛とほぼ同じ刺入する深さは何処も3~5mm程度

おきゅうは全く身体に触れないお椀灸と灸頭鍼(きゅとうしん)

治療をご希望の方はネット予約からお待ちしてます。