耳鳴り・難聴・めまい・顔面神経麻痺について

治療希望で意外に多いのが耳鳴り、難聴、めまいです。たまに顔面神経麻痺の患者さんも訪れます。

現代医学では原因不明な事が多く治療の初期はステロイドによる点滴静注を1週間した後に各種抗炎症剤、血管拡張剤、ビタミン剤などが処方され様子をみるのが一般的です。

顔面神経麻痺は定期的に頚部の星状神経節にブロック注射を行っている患者さんもよく目にします。

しかしながら症状の改善が伴わない方も多いため鍼灸の門を叩くのだと思います。

耳鳴り・難聴・めまい・顔面神経麻痺の原因

これらの症状の方々は心身共にかなりのストレスを蓄積されている事を多く目にします。(自覚あるなしは別として・・)

その原因として過酷な労働環境複雑な人間関係に板挟みになり徐々に心身のストレスが蓄積され自然治癒力の低下を形成しているケースをよく拝聴します。

そこへ何かしらのきっかけとなる、さらなるストレス(長期の風邪や、親しい方との死別などの心労)が加わると一気に限界に達し発症します。

よってストレスが全てではないですが発症のかなりのウェイトを占めているのは間違いないように感じます。

耳鳴り・難聴・めまい・顔面神経麻痺の治療

これらの症状は胆・三焦経絡(けいらく:気の通り道)という身体の横側を走る経絡(気のルート)に多く反応がみられます。

胆・三焦経絡の掌診

東洋医学では肝(胆)経絡は感情面において「怒:いかり」と密接とされています。怒らないまでもずっとイライラしたり我慢する環境に長期間いると気が滞ってくる経絡です。(クレーム処理やテレホンオペレーターの方や無理に笑わなくてはいけない立場の方など)

また胆・三焦経絡(けいらく:気の通り道)は身体の側面を通りながら「耳」をくまなく巡って終わります。この 「耳」を巡るということが重要です。

耳には聴力を司る器官や人間がまっすぐ歩くために必要な平衡(へいこう)感覚を司る器官が集中しているからです。

さらに顔面を司る顔面神経も聴覚神経と併走し耳のちょうど前あたりから人体表面に出てきて顔面の筋肉を支配します。

実際の治療の現場でも胆・三焦経はよく反応します。よって全体治療として「胆・三焦経絡治療」を使用するケースが多いです。

その後に手の三焦・小腸経にあるツボ、中渚(ちゅうしょ)や外関(がいかん)、翳風(えいふう)、養老(ようろう)、支正(しせい)など反応の出ているツボを読み出し治療します。

顔面麻痺は顔面部に対してのアプローチが必要な場合のみ顔面部にハリをしていきます。顔のハリといっても3~5mm刺すかどうかですし勿論、痕も残りません。

また経筋(けいきん)という筋肉に入り込んだ頑固な冷えの反応は個別に灸頭鍼(きゅうとうしん)で治療する必要があります。

経絡と耳の反応がFinger Testで改善していけばそれに追随して症状の方も減少していきます。